コロナ太りは塩分の摂りすぎが問題!?食べたものの栄養を確認しよう

塩分の摂りすぎで太ってしまった様な気がしている皆さん。

確かに塩分も体重を増やす理由にはなります。

しかし、塩分は厳密には脂肪をつけるわけではないんです。

水太りという症状が起きている可能性があります。

もちろん、本当に太っている可能性がありますので、ここで一度自分の食べたものに塩分が多いかどうか、確認しましょう。

因みに、糖質の摂りすぎも考えられます。

意外に塩分の多い食品の例

無塩ドットコムというサイトを参考にしました。
⇒【https://www.muen-genen.com/

・パン
食パン6枚切り
1枚0.8g
食パン8枚切り
1枚0.6g
ロールパン
1個0.4g

・麺
ゆで うどん麺
(1食240g)0.7g
ゆで 中華麺
(1食200g)0.4g
手延べ ゆで そうめん麺
(1食200g)0.7g

・お菓子
チョコレート
ポッキー1箱 0.4g
みたらし団子
1本 0.6g
ミスタードーナッツ
オールドファッション 0.6g
ポテトチップス コンソメ
1袋 (60g) 0.6g

日本の塩分の摂取目安量は3.0g程度と言われています。

そのため、この数字一見少なそうに見えますが、わりとすぐに超えてしまうのです。

実際に食べたものは塩分多い!?

実際に普段食べている食品には塩分は多く含まれていますか?

カロリーslismなら、塩分などの細かい栄養がわかります。

⇒【食材を検索する

これで一度、塩分が多い食材を摂っているのかみてみましょう。

そして、実際に多かった場合は、カリウムを摂取したら、体内の塩分濃度を薄くできます。

納豆や里芋に含まれています。

もし、塩分がそんなに多くないぞ?となった場合、それは糖質が原因で太っているかもしれません。

実は、糖質ってすごく太りやすい栄養なんです。

体には必要不可欠な栄養ではありますが、食べすぎるとブクブク太るので気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました